クレジットカードでマイルを貯める

クレジットカード利用してマイルを貯めたいと思う人も多いだろう。海外旅行に行ったり出張などに行くということになれば、マイルはとても役立つものだからだ。

クレジットカードの種類も関係はしてくるが、カードを利用して買い物をしたことにより、マイルが貯まるということはそういった人から見ると、とても魅力的なものなのだ。

マイルが貯まるクレジットカードを1枚は持っておこうと思う人が多いのも、そういった理由からだろう。なお、頻繁に飛行機を使う人にこそ求められているクレジットカードは存在する。

クレジットカードというのは一般に飛行機に乗るごとにもマイルを貯めていくことが出来るわけだが、買い物でもマイルが貯まるとなると、それはとても興味深いものだ。

マイルを貯めることで、家族で旅行に行ったり、中にはマイルのポイントだけで旅行に行ったという人もいることだろう。このように、うまくマイルを活用して旅行を楽しんでいる人もいるのだ。

20100625051131-158-445_thumbnail.jpg

それこそ、買い物をすることが楽しくなってついつい夢中になってしまし、気がついたら沢山買い物をしてしまったということがあっても、マイルが貯まるクレジットカードなら.......

結果として、マイルを使い実質無料で海外旅行に行くということも可能かもしれない。そう思えば使えば使っただけマイルを貯めることが出来るわけなので、とてもお得だと考えられる。

マイルがよく貯まるカードを選ぶことで効率よくポイントがためられるということは、どのクレジットカードなら効率良くマイルが貯まるか、よく調べてみる必要はかなりあるといえる。

そして、そういったクレジットカードを選んで買い物をしていけるのが理想である。

最近、よく目にする一体型クレジットカード。現在では、いろいろな一体型クレジットカードがでている。ID一体型クレジットカードをはじめ、edy一体型クレジットカード、キャッシュカード一体型クレジットカード、ETCカードにも一体型がある。

そこで今日は、その中のID一体型クレジットカードを紹介したいと思う。まず、IDについて少し説明させて頂きたい。IDとは、おサイフケータイを利用した時に、その情報を通信する機能のこと。

おサイフケータイを持っている人は分かると思うが、携帯電話を読み取り機にかざすだけでお金を払うことなく商品を買うことができる。そう、携帯電話に電子マネーがついているといった感じだ。ID一体型クレジットカードというのは、おサイフケータイの機能をクレジットカードに搭載。

idcard.jpg

有名なところでは、三井住友VISAなどがあるが、電子マネーのIDをカードに埋め込むことにより、IDが使える店で買い物をする場合、クレジットカードをかざすだけで買い物ができるわけだ。

ID一体型クレジットカードで購入した商品の支払いに関しては、クレジットカードを使って買い物をした時と同じように銀行からの引き落とし。電子マネーのように、あらかじめある程度の金額をチャージしておくという必要がないところはかなり便利だと思う。

いくつもカードを持ち歩かなくてもID一体型クレジットカードを持っていれば、クレジットカードとしても電子マネーとしても使うことができるわけだが、ID一体型クレジットカードの便利なところは、コンビニエンスストアなどでも使うことができるという点だろう。

コンビニでクレジットカードを使うことはあまりないが、IDがついていれば数百円単位の買い物でもクレジットカードで支払いができるし、財布の中からわざわざお金を取り出す手間もなく、支払いがスムーズに行えるし、小銭だってたまらない。

ただ、このカードにも、デメリットはある。どのくらいの金額を支払ったのかが、分からなくなるという点。特に細かい支払いに利用するわけだから、いちいち覚えているというこがないからだ。

その為、使い過ぎてしまうというケースも考えられる。この点は金額の大きさは違うにしても、クレジットカードで買い物をするのと同じ感覚の麻痺といえるのだろうか。
マイラーといったら旅行だが、旅行に出かけた場合、やはり何ごともなく無事に帰ってこられるのが一番だ。しかし、絶対ということがないのが困りもの。何があるか分からないからだ。

そこで、旅行にいくときは、保険に入っておくと安心だ。それは国内でも海外でも同じ。日本国内だから、何があっても対処できるだろうと思っていると、思わぬ損をすることがある。

旅行にいくならどこへ行く場合でも、旅行傷害保険に入るのをおすすめしたい。この旅行傷害保険には、海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険の2種類があって、楽天カードのように始めから旅行傷害保険が自動で付帯されているクレジットカードもある。

futaihoken.jpg

海外旅行に行った先で何ごとも起こらなければそれにこしたことはないが、日本と違ってなかなか話が通じない海外だからこそ、何かの時の備えが必要になってくる。

その備えの1つとして、海外旅行傷害保険への加入がある。この海外旅行傷害保険に加入していると、旅行中に盗難にあった場合、盗難品の紛失補償をしてくれたり、海外で病気になった場合、保険がきかない高額の治療費を補償してくれたりもする。

また、他人を傷つけてしまった場合にも補償を受けることができる。なお、国内旅行傷害保険の場合は、海外旅行傷害保険と違って補償内容は低くなる。国内旅行傷害保険を扱っている会社にもよるが、ほとんどが旅行中に死亡した場合の補償。

何かの事故で入院が必要になった場合は、後遺症が残ったといった事故に対する補償がほとんどになる。ただ、保険会社によっては携帯品の補償を行っている場合もある。

旅行損害保険が自動付帯されているクレジットカードなら、旅行に行くたびにわざわざ保険に入る必要もなくとても便利だ。旅行好きならなおさらだが、クレジットカードを選ぶときは、旅行損害保険が付帯されているかどうかも比較の対象にいれることをおすすめしたい。